メールアドレスなしでコメントできるのでよければお気軽にコメントくださいまし

パリピと忍者でビッグバン ~三味線はいいぞ、木星はダメ~


ごきげんよう家臣ども。しょぐです。


元気がないけどパリピから「ブログできました?」ってLINEが来たので書いていきます。LINE来た段階では一文字も書いてなかったよ^^^^



元気がないのはペガサス号(愛車)をぶつけたからです。目測を 見誤った。


ちなみに前日は胃袋を見誤った。エブリデイ見誤り。



年一くらいの頻度でペガサス号やらかしてんなー。


一昨年は外車と決闘(デュエル)して負けたし、去年はバッテリーあがって動かなくなったから1/1のトミカを駐車場に飾ってる人になってたし。



今回の騒動も悲しい車の事件から起こったのです───(無理やり導入)

おしながき

登場人物紹介

しょぐ


わし。猫の漢方を作るなどの活躍を見せる。



パリピ


アイドルでありパーティーピーポー。言動がぶっ飛んでいる。猫を飼っている。



エスパー忍者


恐らく一番常識人で苦労人。ラスクを手土産に持ってくる優しさの塊。

遊ぶことに


しょぐ「おーこの日予定合ってるじゃないかパリピ」



パリピ「くそつまらん小規模宇宙博物館でも行くか」



うーむ、なんて魅力を感じない紹介とお誘い。



しょぐ「くそつまらん宇宙を我々でおもしろビッグバン宇宙にするか?」



パリピ「いいじゃん……」



いいことになったのでそれでいこう。


他の人にも声をかけよう。



しょぐ「宇宙に来ませんか~」




アポロ「う、うちゅう?」




しょぐ「空いてる人宇宙いこー」


がんも「この世は滅びますか?」



こんなんばっか。


しょぐ「宇宙に行きませんか!?つまんないんです!」


エスパー忍者「いいよ。どこの宇宙?」



いいの??


どこの宇宙ってなんだ?宇宙って1つじゃあないのか??


並行世界のパラレルユニバースコスモに行くのかな私たち……。



なんでもいいからまず集合することに。

いざつまらん宇宙ビッグバンの日に


しょぐ「おっはようございまーーち!!」



余裕の起床。


さすしょぐ!




エスパー忍者「ごめん寝坊した」


全然いいよ!


全然いいよって言ってたら全然いい時間になったから全然いい感じで迎えに行くことに。




すると……


♪ぴぴぴぽぽぽん、ぴぴぴぽぽぽん♪




LINE電話だ。パリピから?どれどれ……


パリピ「ガソリンスタンドにいるんだけど財布を忘れてお金がなくてガソリンが入れられないんです~!」



不安しか感じない幕開け。


わかった、エスパー忍者を駅で拾ってからガソリンスタンドに行くねとなりながらドライブを開始する。ほんとに大丈夫か今日???となりながら……

エスパー忍者を拾う


駅に行くともう駅前に立ってるではないか。


しょぐ「おーい!」


エスパー忍者「久しぶりしょぐ、これお土産のラスクだよ」



しょぐ「えっそんな、悪いね……」



エスパー忍者「いいんだよ。安かったから」


おめぇ、素直だなぁ。オラ、そういうの嫌いじゃねぇぞ。



エスパー忍者からありがたくラスクの施しを受けパリピを拾いにガソリンスタンドへ。


せっかくなので給油を考えたが我がペガサス号は燃費が良く、Fの文字が煌々と煌めいていたので駐車場の端っこに停める。


するとパリピがいたが……



「お金貸してくださーーーーーーーーーい!!!!!!」




大声でそう叫んでる人だったので他人のフリがしたかった。いやもうちょっとしてた。



「お金貸してくださーーーーーーーーーい!!!!!!」



第二波。



これが闇金ウシジマくんのワンシーンなら100点満点だよ。でも友達同士の待ち合わせなの。そうなると0点なワケ。



わしの中のウシジマくんが「ダメだ。お前に金は貸せねェ」つってた。実際わしじゃなくてエスパー忍者が貸した。



1000円でいいんで!!!と言うパリピに対し一応ねと言い2000円を渡すエスパー忍者。こういうとこすげーいいよなー。わしなら2億渡すけどね。

そしてパリピは礼を言いブゥーン!と軽快に走り去っていった。

パリピハウスへ


慌てて追いかけようとしたけど影も形もなかったのでエスパー忍者にナビをお願いしパリピ宅に集合。


シャワー浴びてくるね!座ってて!!と言うパリピ。



にゃあん、と声がするので見るとパリピの飼い猫「このは」がお外から戻ってきていたのでエスパー忍者と戯れることに。


あらー懐っこいねー。




エスパー忍者「しょぐちゃんに懐いてるね」



パリピ「しょぐは猫に猫だと思われてるんじゃないかな」



見るとパリピが後ろに立っていた。服も着ずに。



パリピ「お~このは~」


しょぐ「…………」



パリピ「あっハエがいる!!ハッ!!!」バン!!!←ハエたたきの音



このは「にゃおあおん」



パリピ「このははハエ叩きの音にビビるんだよなー」


エスパー忍者「…………」



パリピ「あっまたいた!ハッ!!!」バン!!!


このは「にゃおおん」



パリピ「ハッ!!!」バン!!!



このは「にゃおあおん……」



パリピ「ハッ!!!」バン!!!



このは「にゃおあおん……」



エスパー忍者「パリピちゃん、服着なよ」



なんですか?この空間。





ランチを済ませいざクソつまらな宇宙博物館に向かう。


パリピ「車内BGMヒプノシスマイクにするね」



デッデッデ、デレデレデン♪とイントロが流れ出す。おそらく1番有名なやつだね。


しょぐ「知ってる知ってる、一期一会のやつね」



これ思い出すよな。


パリピ「いやっそうなんだけどさぁ~池袋がさぁ~」



しょぐ「吉田兄弟でしょ?」




パリピ「山田だよ!!!!!



お前 吉田兄弟って



三味線じゃねーーーーーか!!!!!!!!」
(空を裂くクソデカボイス)




エスパー忍者「パリピちゃん、車内だからそんなに大声出さなくても聞こえるからね」




忍者マジ保護者。お疲れ様です。


パリピの大声で空が裂け大地が割れ人々は未曽有の大災害だと騒ぎ立てたが宇宙の前ではそんなこと些末なので宇宙に到着。



パリピ「この隣の建物も面白い……がコロナでやってない!!」




しょぐ「しゃーない。宇宙を攻めよう!」



いざ宇宙へ!!

宇宙に来ました。


どうやって回るのかなとキョロキョロするしょぐとエスパー忍者。



パリピ「あそこで入館料を払うんだよ!」



我先にとどしどし受付に詰めかけ、いざ入館券で入館権を獲得。


そしてパリピ先導のもと宇宙周遊スタート。



パリピ「ここは~……読んでもよくわかんない!!!」



パリピ「ここの引き出しは~……開けちゃダメ!!!」



パリピ「ここは~……漫画があるよ!!!」



パリピ「このコーナーは……他に置くものなかったのかな!?」


このようなパリピガイドのもと我々は宇宙飛行を楽しむ。


たしかに説明は読んでもよくわかんなかった。



xとyしかなくてそれで計算してたらダメだったけどzを足したら正確になったよ!とか。



文字変数で言われたらすごくシンプルだけどそこには並々ならぬ努力や苦悩があったわけじゃん??クゥー


わかんなくて当然よな。




引き出しはほんとに開けたらダメだった。




あ、準備中でした?スンマセン……となった。


漫画は「よくわかる宇宙の秘密!」みたいのから「宇宙兄弟」まであった。おおーと手に取ったらヒビトがイェーイ!つってた。名シーンで草。


このコーナー他に置くものなかったのかなはマジでそう。貝殻とか飾ってた。


水族館ですら貝殻飾ってたら「ん?」ってなる(なった)のに、宇宙だぞ!?「んん?んんんん……んほーーーーーー!!!!!」くらいなるでしょ?(バファローズポンタ)



マジでなんなのこのポンタ?



ちなみに





一家揃ってみんなおんなじ顔する。



ポンタカードにもなってるよ。


店員からしたら「また来るからじゃねぇ2度と来るな」ってなりそうですごく良い。



その後、「重力の違い」みたいなコーナーがあって缶が置かれてるんだけどそれぞれの惑星の場所で違うみたいな……




説明下手か?



箱の中に缶があるんだけど、箱に書かれてる惑星によって重力が違うから重さが違うように感じるよ!缶は全て全く何も変わらず同じなのにね人間は馬鹿だね愚かだねだから争いを繰り返すんだね……


というようなコーナーなのだ。



これが地球!ふつう!火星!軽い!水星も!うひゃお!


では木星……




ズン…………



は?





それは 缶ではない




木星の重力は地球の約2.3倍




しょぐ「は?木星バカじゃん」



パリピ「バカ」



しょぐ「木星に住むやつはみんなバカ!」




木星との銀河戦争が勃発したらもしかしたら1ミリくらいはわしのせいなのかもしれん。


でもきっと戦禍の中では私がバカと言ったことなど取るに足りぬこと……



宇宙好きのエスパー忍者の解説をほんほん聞いてたらあっという間に1周した。

エスパー忍者は講義中にニュートンが配られたときも熱心に読んでたもんな。



宇宙食も買ってたしほんとに立派な宇宙飛行士だよあいつは。

おみくじ

惑星と戦った後は神と戦おうということで神社へ行くことに。


エスパー忍者「パリピちゃん、猫みくじってのがあるみたいよ」


パリピ「やりまェす!!!」


このはのために猫のおみくじを引くパリピ。結果をみんなで覗き込むとそこには……



猫愛(にゃんあい)



猫康(にゃんこう)



猫行(にゃこう)




………………………………



めtっちゃくちゃじゃねーか。なんもかかってねーよ。


にゃこうなんて何一つだよ。



パリピは悪い!!!つって結んでた。



どれどれ私ども愚かな人間めも引きますかな……


引けたら引くマン!!!



しょぐは吉。2番目に良いはずなのにろくなこと書いてなかった。


恋愛はうまくいかないらしい。えっTime goes byの機運??


エスパー忍者は大吉。良いことしか書いてなかった。


今日の働きを考えたら当然だよなあ。



パリピも大吉。なんだけど良いことばっかじゃないから大吉然としていなかった。



しょぐは結んだ。絵馬のところに「結婚詐欺師死ね」ってのがかかってて震えたしバックグラウンドに思いを馳せるなどした。



パリピ「他にも神社はあるが」



しょぐ「おみくじガチャ!大吉出るまで引く」



パリピ「お前上書きするのか?運勢ってそんなもんじゃないぞ」




お金貸してくださーーい!!と同じ口から出ているとは思えない正論。



それでも引きまくるとYouTuberのようになったしょぐだったが、他の神社はコロナでおみくじやってなかったので恋愛運も悪く探し物も見つからず学業にも集中できない人生を送ります。ほんとに吉かこれ?



そしてエスパー忍者は電車の申し子なので時間的にここでお別れ。


ばいばい、エスパー忍者!また会う日まで。



今度は君の所に行くよ。左手にラスク右手に約束を携えて……

クソデカカラオケ



2人きりになる。


パリピ「2人でカラオケはちょっとなぁ」


しょぐ「そうなのよ」



~10分後~


しょぐ「会員証これで」



パリピ「最新機種の部屋にしてください」


というわけで気づけば看板クソデカカラオケにいた。盛り上がってけー!?



しょぐ「うふふフォニイフォニイ」


フォニイを3.2回聞けば職場に着くしょぐは真っ先にフォニイで検索。




出ない。




しょぐ「もしやフォニイない?」



パリピ「フォニイは新しいからなーないだろー」



3フォニイ、許されるなら5フォニイくらいするつもりだったのでドンガラガッシャと計画が崩れ膝からも崩れ落ちる。


そんな そんなことって……



パリピ「ふぉ、フォニイ以外に歌いたいのはないのかよ」


しょぐ「フォとニとイしかない」


パリピ「フォニイしかねーじゃねーーーーーか!!!!!!」(very loud voice)


そうなんだよ。


っつーわけで弾いたから聞け♡


その後はパリピにヒプノシスマイクを教わってたら退室の時間に。しばらくしてから復習するかと思って職場でヒプノシスマイク流したら先輩に「お好きなんですか?」って話しかけられて草。


先輩は横浜が好きなんだってさ。



そんでパリピハウスに戻り……



パリピ「おーこのはー」



このは「にゃああん」



パリピ「あっハエ!ハッ!!」バン!!



このは「にゃおあおん……」



しょぐ「マジで何?ハエ」


パリピ「でもトロいんだよなこのハエ。マジでトロい、パリピハウス産のハエ」



んなもんの産地になるな。



ハッ!バン!!にゃおんのくだりを繰り返し「しょぐ暇ならこのはの漢方作って」と言われたのでハッ!バン!!にゃおんを聞きながらゴリゴリ漢方を作ってたらいい時間になったので帰宅。





意味わかんねー1日。



MPはめっちゃ回復したけどね。ありがとうございました。また。



これ9月末の出来事なんだけどこれ書いてる10月末でもフォニイはまだカラオケ配信されてない。



いつ配信されるかっていう簡単なこともわからない。



antipathy world……

その後のオドループ


パリピハウスは猫の集会所になり、ダニが発生していた。


ハエの次はダニ。


パリピハウスどうなってん。


パリピ「Dani and Hae 踊れ騒げ 夜が明けるまで」




害虫とオドループするパリピ。



そんなパリピを笑ってたらしょぐハウスにも虫が出て……



しょぐ「茶色くて触覚があった」


彼氏「それゴキ様じゃない?」



……………………


Goki and Sama 踊れ騒げ 夜が明けるまで


住人コール「やめてー!帰ってー!」



私が帰ります。涅槃に。さようなら。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

おともだちに教えよう!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント欄です

コメントする

おしながき
閉じる